おきたま新聞は山形置賜の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「大正ロマンの夕べ」-歌と踊りと三味線とー by赤湯温泉おかめ会

「大正ロマンの夕べ」-歌と踊りと三味線とー by赤湯温泉おかめ会

山形県南陽市の赤湯温泉旅館の女将さんと一緒に歌ったり踊ったりしてみませんか!? 本日4月10日を皮切りに、4月から9月までの毎月10日の午後8時より、赤湯温泉「ゆうなびからころ館」を会場に、赤湯温泉の女将さんたちの「歌」と「踊り」と「三味線」の楽しいイベントが開催されます。料金はなんと無料!! 皆さん! 是非お誘い合わせの上おいで下さい。
つづきを読む
米沢市御廟にある昔懐かしいたたずまいの「廟の隠れ屋(たまやのかくれが)」に行ってきたんだっす!!

米沢市御廟にある昔懐かしいたたずまいの「廟の隠れ屋(たまやのかくれが)」に行ってきたんだっす!!

上杉家廟所の近くに大人の方に人気の食事処があると聞いたので早速行ってみたんだっす。今回は、おきたま新聞編集長の個人的な仲間が取材協力をしてくれたんだっす。噂話しを聞いてみると「かなり落着いた雰囲気のお店」なんだそうだっす。
つづきを読む
第1回「おきたま地酒サミット」が開催されたんだっす!!

第1回「おきたま地酒サミット」が開催されたんだっす!!

「おきたま食のプロジェクト」では平成27年3月23日に米沢市にある「グランドホクヨウ米沢」を会場にして、「第1回おきたま地酒サミット」を開催したんだっす。その内容は、第1部が【地酒の魅力再発見!一度飲んだら忘れられない おきたまの酒】をテーマとした「パネルディスカッション」 。第2部は「日本酒に合う料理試食会と地酒試飲会」なんだっす。
つづきを読む
上杉の里の美味しい雛祭り!!「玉庭ひなめぐり」に行ってきたんだっす!!

上杉の里の美味しい雛祭り!!「玉庭ひなめぐり」に行ってきたんだっす!!

山形県川西町玉庭地区で毎年行われている「ひなめぐり」!! 今年で17回目の開催になるんだっす。飾られた雛人形を眺めるだけではなくて、それぞれの展示宅で「おちゃおき」(おちゃうけ)をごっつおうになりながら、昔ながらの「曲がりや」造りの住宅など9ヶ所を廻ってきたんだっす。
つづきを読む
飯豊町のどぶろく(特区)「がまの湯温泉いいで旅館」に行ってきたんだっす!!

飯豊町のどぶろく(特区)「がまの湯温泉いいで旅館」に行ってきたんだっす!!

山形県の飯豊町には「どぶろく特区」が2件あるんだっす。今回は 「がまの湯温泉いいで旅館」を紹介すっからなっす。 「がまのどぶろく」を造っているどぶろく杜氏の山口剛(やまぐちつよし)さんに話しを聞いてきたんだっす。山口さんは「がまの湯温泉いいで旅館」の支配人をされているんだっす。
つづきを読む
飯豊町のどぶろく(特区)白川荘に行ってきたんだっす!!【パート2】

飯豊町のどぶろく(特区)白川荘に行ってきたんだっす!!【パート2】

前回からの続き、いいで白川温泉白川荘のパート2は「どぶろくラーメン」と「どぶろくソフト」を紹介すっからなっす!! 前回は、どぶろく杜氏の高橋さんからどぶろくの造り方を教えてもらったんだげんども、白川荘には自慢の「どぶろくラーメン」と「どぶろくソフト」あると言うので、支配人の小山秀紀(こやまひでのり)さんに話しを聞きながら食べてきたんだっす。
つづきを読む
飯豊町のどぶろく(特区)白川荘に行ってきたんだっす!!【パート1】

飯豊町のどぶろく(特区)白川荘に行ってきたんだっす!!【パート1】

山形県の飯豊町には「どぶろく」の特区認定を受けている処が2件あるんだっす!! まずは、その一つ目、第3セクターの「㈱緑のふるさと公社」で経営している白川温泉「白川荘」で中津川どぶろく杜氏の高橋亮(たかはしまこと)さんに会いにいってきたんだっす!
つづきを読む
おきたまの農産物 IN YEBISU Marche(エビスマルシェ) だっす!!

おきたまの農産物 IN YEBISU Marche(エビスマルシェ) だっす!!

東京でも屈指のオシャレで大人な街 恵比寿。 その中心『恵比寿ガーデンプレイス』で開催された『YEBISU Marche(エビスマルシェ)』に行ってきましたっす!!
つづきを読む
おきたまが世界に誇る和牛ブランド『米沢牛』の若手生産者が東京さ来たよぉおおお!!

おきたまが世界に誇る和牛ブランド『米沢牛』の若手生産者が東京さ来たよぉおおお!!

米沢牛振興部会青年部による枝肉研究会が芝浦の東京食肉市場で開催されだんだっす!! こりゃあ取材すんなねべしたねぇ!!
つづきを読む
日本三熊野のひとつ「宮内熊野大社」へ行ってきたんだっす!【月結び編】

日本三熊野のひとつ「宮内熊野大社」へ行ってきたんだっす!【月結び編】

感動!!感激!!こんなロマンチックな神事は始めての体験だっす。 十五夜×縁結び 月に一度の特別な夜。 想いが届きますように。 古事記に記された神様の言葉。 あなにやし、えをとめを! 「ああ、なんと素晴らしい女性だろう。」 それは、この国で一番最初のプロポーズ。
つづきを読む
日本三熊野のひとつ「宮内熊野大社」へ行ってきたんだっす!【パート1】

日本三熊野のひとつ「宮内熊野大社」へ行ってきたんだっす!【パート1】

「三羽のうさぎ」本殿裏のうさぎの彫刻。いつ頃からか定かではありませんが三羽見つけると幸せになれる願いが叶うと言い伝えられています。 日本三大熊野とは、和歌山県にある熊野三山・長野県にある熊野皇大神社・そして山形県南陽市にある宮内熊野大社(みやうちくまのたいしゃ)なんだっす。
つづきを読む
米沢牛枝肉市場に行ってきたんだっす!&米沢牛枝肉共進会・共励会・研究会褒章授与式

米沢牛枝肉市場に行ってきたんだっす!&米沢牛枝肉共進会・共励会・研究会褒章授与式

米沢食肉公社で「米沢牛枝肉市場」が開催されたので行ってきたんだっす! 米沢牛が出品されるのは地元の「米沢食肉公社」と芝浦の「東京食肉市場」なんだげんども、今回は「米沢食肉公社」で平成26年度第29回の「米沢牛枝肉市場」が開催されたので紹介すっからなっす!
つづきを読む
日本酒の仕込みの時期になったので地元の「酒蔵」めぐりをしたんだっす!【㈱小嶋総本店編】「パート2」

日本酒の仕込みの時期になったので地元の「酒蔵」めぐりをしたんだっす!【㈱小嶋総本店編】「パート2」

「東光」という名前の由来は、 町名である東町から「東」の文字をとったとも、ある時代の当主が、毎朝東の空に昇る朝日に向かって手を合わせ、いつの時代にも朝日が昇るごとく隆盛たれという願いを込めて名づけたとも伝えられているんだと。
つづきを読む
日本酒の仕込みの時期になったので地元の「酒蔵」めぐりをしたんだっす!【㈱小嶋総本店編】「パート1」

日本酒の仕込みの時期になったので地元の「酒蔵」めぐりをしたんだっす!【㈱小嶋総本店編】「パート1」

ついに行ってきたんだっす!! おきたまを代表する! いや!山形県の代表格でもある「清酒”東光”醸造元 ㈱小嶋総本店」さん。創業は慶長二年(1597年)なんと、あの初代米沢藩主・上杉景勝公が米沢に入部する四年前に現在地で創業して以来四百十余年の歴史があるんだっす。
つづきを読む
日本酒の仕込みの時期になったので地元の「酒蔵」めぐりをしたんだっす!【東の麓酒造㈲編】

日本酒の仕込みの時期になったので地元の「酒蔵」めぐりをしたんだっす!【東の麓酒造㈲編】

山形県の置賜地区に18件もある「酒蔵」さん!!おきたまの「酒蔵」めぐりの第3弾は南陽市にある「東の麓酒造㈲」さんにおじゃましたんだっす!!
つづきを読む
雪で作った灯篭は、冬のおきたまを幻想的に照らすんだっし!

雪で作った灯篭は、冬のおきたまを幻想的に照らすんだっし!

この祭りは、毎年2月の第2土曜日と日曜日、松が岬公園一帯(上杉神社一帯)を主会場に開催され、今年で38回を数えるんだっし。 小職もおきたまに生まれ育ちながら、ちゃんと見たこどがねがったもんで、行ってみだごでっし! ちなみに、今回は編集長抜きの単独取材だっし♪~♪
つづきを読む
高畠町の「まほろば冬咲きぼたん祭り」に行ってきたんだっす!!

高畠町の「まほろば冬咲きぼたん祭り」に行ってきたんだっす!!

2月7日(土)に第14回「まほろば冬咲きぼたん祭り」のオープンセレモニー が太陽館(JR高畠駅)前広場で、開催されたので、ご紹介すっからなっす。
つづきを読む
熊野大社證誠殿で行われた「新酒祭」に参加してきたんだっす!

熊野大社證誠殿で行われた「新酒祭」に参加してきたんだっす!

今回で11回目の「新酒祭り」が 熊野大社證誠殿で2月6日午後7時から開催されたんだっす。200名以上の参加者で大盛り上がりだったんだっす。
つづきを読む
「お鷹ぽっぽ」に代表される「笹野一刀彫」の”匠”「戸田寒風」さんへ会いに行ってきたんだっす!「パート2」

「お鷹ぽっぽ」に代表される「笹野一刀彫」の”匠”「戸田寒風」さんへ会いに行ってきたんだっす!「パート2」

「笹野一刀彫」が有名になったのは、かの「上杉鷹山公」が、鷹の強さと、自分の名前との重なりから鷹を最高の商品として、禄高を増すと意味付け、後に目を付けさせ魔除けとしても飾ることを奨励したからと言われているんだっす。
つづきを読む
「お鷹ぽっぽ」に代表される「笹野一刀彫」の”匠”「戸田寒風」さんへ会いに行ってきたんだっす!「パート1」

「お鷹ぽっぽ」に代表される「笹野一刀彫」の”匠”「戸田寒風」さんへ会いに行ってきたんだっす!「パート1」

おきたま地区の昔からの工芸品といえば、あの「お鷹ぽっぽ」で有名な米沢市笹野地区の「笹野一刀彫」!!  今回は、その代表的な職人の六代目「戸田寒風」さんに、「笹野一刀彫」の歴史やら、そのほかいろんな話しを聞いてきたんだっす。
つづきを読む